映像制作会社の選び方

subpage1

映像制作には様々な種類があり、映像制作会社によって得意とする分野が異なります。
広告や宣伝のために使用する映像ならCMやプロモーションビデオなどを中心とする映像制作会社に依頼する必要があります。



さらに映像は表現方法も多種多様で、求める映像に必要な器材や、複雑なエフェクトを可能とする編集技術が無いと目的の映像を撮影することができません。


近年ではCGやアニメーションを使った映像も求められることが多く、通常の映像とは技術やノウハウが異なりますし、使用するアプリケーションによっても出来栄えが変わります。

依頼する映像制作会社が、他の会社と比べてどのような映像制作が得意なのか、きちんと見極めましょう。

制作力を判断するためには、これまでの制作実績やどのような経歴を持つクリエイターが在籍しているかを確かめるのが大切です。

また、実現したい映像のイメージを共有できる会社かどうかもポイントです。

今までになかった朝日新聞デジタルの最新情報ならこちらを参考にしてください。

どれほど高い技術力を持っていても、イメージを共有できなければ完成した映像に納得することはできません。
料金に関しては、基本的に工程にかける力を入れれば入れる程、高いクオリティの映像ができあがりますが、その分料金も高額になります。


映像制作には撮影だけででなく、企画や構成、編集やナレーションといったいくつもの工程があります。



見積り金額にどの工程が含まれているか、また修正を入れた場合の料金など細かな点まで確認しておくとトラブルを避けられます。