映像制作会社の4つの種類とそれぞれの特徴

subpage1

映像制作会社には大きく分けて次の4つのタイプがありますが、それぞれの特徴があるため映像制作会社を選ぶ際にはあらかじめ把握しておくことが大切です。まずはテレビ系制作会社です。テレビ局の下請け制作会社としてテレビ番組などの制作を中心に行っています。


テレビ番組を制作するための技術や経験が豊富で、撮影や編集のための機材も一通り揃えています。ただし、テレビ局からの依頼を受けてからの仕事開始になるので、独自のマーケティング力が不足している傾向もあります。

次に1〜5名程度の映像スタッフで運営されている個人系制作会社です。

人件費や運営費を最小限に抑えているので、比較的安価で制作を行うことができるのが大きな特徴です。


また、少人数での制作スタイルなので意思決定のスピードも速く、臨機応変に対応することが可能です。一方で人員が少ない分、緊急時の対応などの制作体制が未熟な面もあるので、事前の確認が大切です。

動画制作を検索してみてください。

そして、ウエブ上のコンテンツ制作を主に行っているウエブ制作系の映像制作会社です。様々なニーズに応じたウエブコンテンツや映像の制作、両者の連携プログラム等を提案しており、今後の成長が期待できる分野を得意としています。

YOMIURI ONLINEの最新情報をお伝えします。

ただし、映像制作自体のノウハウについては十分でない面もあります。最後に広告代理店の傘下にある映像制作会社です。



広告業の経験を活かした様々な視点からのプロモーション映像の制作を得意としており、映像だけでなく紙やウエブなどのコンテンツ制作にも携わっている会社です。