バナー

証券会社で取り扱っている投資信託の種類を比較

投資信託を購入しようと思うなら、まずは目的の商品を取り扱っている証券会社に口座を作らなくてはいけません。

証券会社はたくさんあって、投資信託の数も膨大です。
どれがいいのかは自分で比較をして決めていかなければなりません。

証券の比較情報を厳選して紹介します。

証券会社が取り扱う投資信託の中には、インデックスタイプとアクティブタイプの二種類が存在しています。

アクティブタイプというのは、証券会社に所属をするプロの投資家が、有望株を集めて運用をするタイプのものです。

プロの目利きが正しくないと利益を伸ばしていくことができないので、リスクが高くなる傾向にあります。
一方のインデックスタイプというのは、日経やダウ平均などのような指針に沿って運用をしていく投資信託になります。

アクティブタイプの9割が、インデックスタイプに比較して総合的なリターンで負けているという現実があるほど安定した運用ができるので近年は人気です。


ただ、インデックスタイプは指針が限定されている以上、あまり商品に幅は生まれません。



アクティブタイプは証券会社が好きに銘柄の設定ができるので、比較的個性的な商品も見つけやすいというメリットがあります。

どちらを選ぶのかは投資家次第であって、分散投資をするのであれば両方を選択するのも悪くはありません。

エキサイトニュースを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

どちらにせよ、投資信託を買うときにはノーロードといって手数料が無料になるサービスを利用するのが賢い選択となります。
手数料がゼロになると、その分は丸々リターンになります。